MATSU

てんしょく研究とイラストが趣味です^^

広告

ホイットマンの名言から苦労をポジティブに捉えてみる

広告

寒さに震えた人ほど太陽の暖かさを感じる。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。―ホイットマン(詩人)

 

苦労は身になる。

 

そんな一言だ。

 

人は自分で経験したことでしか学べない生きもの。

 

貧乏を経験した人はお金や人のありがたさを強く感じるし、人生で苦労を重ねた人の方がハングリー精神や勤勉さで他を圧倒する。

 

数々の偉人達は何かしらハンディを背負った人たちばかりだ。

 

成功より失敗の方が圧倒的に多かったリンカーン

耳の聞こえなかったベートーヴェン

65歳まで貧乏生活をしたカーネル・サンダース

3000円を片手にニューヨークでの成功を夢に繰り出したマドンナ

養子・大学中退・自分の立ち上げた会社から追放されたスティーブ・ジョブズ

生前は絵が全く売れなかったゴッホ

多額の借金に脱藩で命を狙われていた坂本龍馬

・・・・・・などなど。

 

だから、自分が何か苦労していたり、困難に直面しているのならそれは最大のチャンスかもしれない。

 

エジソンは教師と折り合いが合わず、小学校を3ヶ月で中退し、普通なら失敗にしか思えないことをひたすらこなし、生涯に渡り1300の発明をした。

 

エジソンは失敗に見えることに対して「上手くいかない方法を発見した成功である」と言っている。

 

どんなに困難に思えることも、自分の捉え方次第でどうとでもなる。

しかも、より失敗や苦労をした人ほど、強くなることができる。

 

全てのコインに裏と表があるように、

マイナスをプラスに置き換えてみることだ。

失敗と捉えるか、成功と捉えるかはあなた次第だ

 

広告