MATSU

Drawing COOL & CUTE things.

広告

面接練習は徹底的に行う!

広告

 こちらの記事もご覧ください↓

syukatsunokotsumatome.hatenablog.com

 

 

 

ここでは、面接練習の仕方についてご紹介します。

 

「面接練習と言っても、どんな質問を想定し、どう対策したら良いか分からない」

 

そんな疑問に応えるべく私が実践していた面接練習の仕方についてご紹介します。

 

まず、面接でよく聞かれる質問は次の通りです。

 

 

 

▼面接でよく聞かれる質問

 

1.自己紹介

2.転職(退社)理由

3.志望動機

4.入社後やりたいこと

5.自己PR

6.逆質問

 

 

 

面接ではこれらの質問を中心に、内容の掘り下げや派生した質問が繰り広げれられていきます。志望動機や退社理由等、かなり突っ込まれることもある為、この基本質問を徹底的に掘り下げておくことや、反復して身に付けることはとても重要です。

 

それでは、具体的な練習手順をご紹介します。

 

 

 

▼面接練習の手順

 

1.良く出る質問の質問・回答集を作成する

2.最低3回は実際に声に出して読む

3.ボイスレコーダースマホでOK)で録音し、面接直前まで繰り返し聞く

 

 

 

いかがでしょうか?質問・回答集の作成をされている方は多いと思います。しかし、そこで終わってしまっては不十分です。なぜなら、実際に声に出して読んだ際のテンポ(回答時間)、声のトーンの出し方を掴めないですし、面接本番で暗記した内容を上手く話せない、なんてことがザラにあるからです。その為に、声に出した実践を繰り返し行うことで本番に備えます。こうしておけば、例え圧迫面接だろうと頭ではなく口がスムーズに回答してくれるのです。

 

また、少し珍しいかもしれませんが、ボイスレコーダーを使用した耳からのインプットは非常にオススメです。とあるテレビ番組で、「修行中の落語家が何時間にも及ぶストーリーを師匠のデモテープをひたすら聞き、ストーリー、声の高低、テンポを習得する」というドキュメンタリーを見たのがきっかけで、私も就活で実践してみました。

 

すると、効果覿面で、面接時に堂々と自分をPRすることができ、そのことが自信につながり、良い表情でテンポ良くコミュニケーションが取れ、伝えたいことをしっかり伝えられる面接になりました。この面接を通過したのは言うまでもありません。

 

その為、みなさんにも是非お試しいただきたいです。

 

 

 

以上、面接練習についてご紹介しました。

 

 こちらの記事もご覧ください↓

syukatsunokotsumatome.hatenablog.com

 

広告