MATSU

てんしょく研究とイラストが趣味です^^

広告

面接でのキャリアビジョンの応え方

広告

ここでは、キャリアビジョンの応え方をご紹介します。

 
「将来、実現したいキャリアなんですか?」「入社後やりたいことは?」「10年後のキャリアは?」
 
体感で3社に1社は聞かれる頻出の質問です。
  
10年後どうなっているか、そんなの誰にも分からないですし、そもそも会社が潰れない保証もありません。

 

かなり先のことなので、具体的なイメージをし難いので準備を後回しにしてしまう方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、将来のキャリアについては2~3社に1社は聞かれる質問の為、予め準備しておいた方が本番で気が楽です。

 

具体的に目標を持って転職活動を行っているのか、それに向けた企業選びや努力をしているのか、そういった視点で面接管に見られていると考え、対策を立てることがポイントです。

それでは見ていきましょう。

 

▼キャリアビジョンの伝え方

1.応募職種で何を目標に取り組むか

2.応募職種で学んだことを応用しどうしたいか

※例え本気だとしても、独立や起業を目指していると回答することは、企業方針で推奨されている場合を除き絶対に避けてください。

 

これは何もオリジナルなキャリアをプレゼンすることは求められておりません。その為、業界や職種によって一般的なキャリアを調べ、それを回答としてしまって良いと思います。


例えば、同一職種内のキャリアを望んでいる場合、ステップ2でマネジメントや新規ビジネスの立ち上げ等を、

また、販売職で入社後、別の職種に応用する場合、店舗スタッフで主任→店長→部長またはスーパーバイザー等の具体例を挙げると良いでしょう。

 

以上、キャリアビジョンの応え方でした。 

 

 こちらの記事も参考になると思います。

syukatsunokotsumatome.hatenablog.com

広告