MATSU

てんしょく研究とイラストが趣味です^^

広告

面接で,長所と短所は表裏一体で伝える

広告

 こちらの記事もご覧ください↓

syukatsunokotsumatome.hatenablog.com

 

 

ここでは、長所と短所の応え方についてご紹介します。
 
(面接管)「あなたの強みを教えてください」、「あなたの短所は何ですか?」
 
意外とよく聞かれるのがこの質問です。この質問の意図は、自己分析がきちんとできているのかの確認や周りから見たあなたの人間性を知りたい場合、短所が何で如何に克服する努力をしているのか、等の確認の為に使用されます。
 
また、職種への適性も見られているため、短所として明らかに不味い内容は伝えてはいけません。例えば経理志望なのに数字の扱いが苦手でいい加減だとか、営業職志望なのに人見知りで控えめだとか…です。
 
応え方は、私が試した中でも特にオススメな次の方法をご紹介します。
 
 
 
▼長所と短所の応え方
 
長所を伝え、その長所の裏返しを短所とする

またその短所を改善すべくしている取組みを示す。

 
 
これは、具体的に言えば次のようになります。
 
 
(例1)
=====
私の長所は明るい性格ですぐに誰とでも友好な関係を築けることです。しかし、時に八方美人と見られる場合があります。それを克服するために、人に流されるのではなく自分の意見を持つように意識することで、信頼関係を築いてきました。
=====

 
(例2)
=====
私の長所はコツコツと努力を継続し、業務改善に繋げることができる事です。しかし、時に慎重になり過ぎて業務効率が落ちてしまうことがあります。それを克服するために、業務毎の工程時間を設定したりGoogleカレンダーのタスク通知機能を使うことで期日の管理を徹底してきました。
=====

 
いかがでしょうか?長所をベースに考え、裏返した場合を短所とすること。この手法でいくと回答に迷うことなく、またストーリー性のある面接管を唸らせる回答ができると思います。
 
 
 
以上、長所と短所についてでした。是非お試しください!

 

 こちらの記事もご覧ください↓

syukatsunokotsumatome.hatenablog.com

広告