MATSU

Drawing COOL & CUTE things.

広告

ショートカットキーで倍速化

広告

ここでは、ショートカットキーの活用についてご紹介します。

 

みなさんは普段、どれくらいのショートカットキーを活用していますか?

 

コピー&ペーストは良く使うけど他はちょっと…という方も多いではないでしょうか?覚えるのが面倒臭かったり、別に覚えなくても生活に支障は全くないですが、仕事で、プライベートで、就活で、ストレスなくパソコン操作を行いたいことって多いですよね。

 

そこで、普段私が活用していて便利だと思うショートカットに絞ってご紹介したいと思います。

 

※使用しているOS(マックかウィンドウズか)によってキーの呼び方や操作が若干異なってきますが、ここではウィンドウズを例にご紹介します。

 

 

 

▼文書作成時

 

・全選択         : Ctrl + A

・部分選(塊)      : 始点を選択 + Shift押しながら終点を選択

・部分選択(離れた部分) : 選択 + Ctrl押しながら選択

・単語選択        : 該当単語上でダブルクリック

・行選択         : 該当行上でトリプルクリック

 

・コピー         : Ctrl + C

・図のコピー       : 図を選択した状態で、Ctrl + D

・切取り         : Ctrl + X

・貼付け         : Ctrl + V

・太字          : Ctrl + B

・アンダーライン     : Ctrl + U

・斜体          : Ctrl + I

 

・印刷          : Ctrl + P

・上書き保存       : Ctrl + S

・やり直し        : Ctrl + Z

・直前の操作の繰返し   : Ctrl + Y

 

 

 

▼ネット閲覧時

 

・下方向に一画面移動   : Space

・上方向に一画面移動   : Shift + Space

・一つ前のページに移動  : Alt + ⇐

・一つ後のページに移動  : Alt + ⇒ 

・タブを左に移動     : Ctrl + PgUp

・タブを右に移動     : Ctrl + PgDn

・カーソル移動      : Tab

 

 

 

▼操作全般

 

・画面切換え       : Alt + Tab

・画面拡大・縮小     : Ctrl + ホイール

・ファイルのコピー    : Ctrl押しながらドラッグ&ドロップ

 

 

 

▼ソフトの即時起動設定

 

・メモ帳         : Ctrl + Alt + M

・ワード         : Ctrl + Alt + W

・エクセル        : Ctrl + Alt + E

・ペイント        : Ctrl + Alt + P

 

 

ワードやエクセル等のソフトにショートカットキーを設定することで、例えば上のように各キーを同時押しすることで即起動することが可能になります。

 

ショートカットキーの設定方法は、設定したいソフトを右クリックし、プロパティからショートカットキーの割付をすることで可能です。

 

(例)「メモ帳を簡単起動設定したい時」

  全てのプログラム ⇒ アクセサリ ⇒ メモ帳を右クリック ⇒ プロパティ 

  ⇒ ショートカットタブ ⇒ ショートカットキーに”M”と入力 ⇒ 適用

 

 

 

いかがでしたか?ポイントは、普段から意識して使ってみる事です。3日も使えば身に付くでしょう。特に、画面切り替えやソフトの即時起動設定は作業を倍速化できるのでとてもオススメです!

 

 

 

以上、ショートカットキーの活用についてでした。

 

 

 

追伸:

 

ネットで調べればショートカットキーの一覧が簡単に手に入ります。ここで取り上げたのは、実際に使用してみて有用性と継続性があったものでしたが、他にも試してみると意外と発見が多く、楽しめると思います。

広告