MATSU

てんしょく研究とイラストが趣味です^^

広告

グループディスカッションを突破するコツ

広告

こちらの記事もご参考にしてください↓

syukatsunokotsumatome.hatenablog.com

 

 

ここでは、グループディスカッションの攻略法をご紹介します。

 

新卒の就活時に多くみられるグループディスカッション(GD)ですが、テーマをその場で与えられて、メンバー全員参加で結論を出す、という流れになっており、協調性やリーダーシップ、時間管理力、プレゼン力等を総合的に見られています。
 


多くの場合、一次面接で実施される為、これを通過しなければ自分の魅力を伝えることもできません。その為、大勢の応募者の中に埋もれてしまうことだけは避けなければなりません。

 

また、私の体感だと、グループディスカッションは、メンバーの相性やテーマが事前に予想出来ないことが多く、一種の運ゲーに近いものといいでしょう。

 

そこで今回は、運要素を考慮しても、なるべく複数人の中から良い意味で目立つ存在になるポイントをまとめてみました。多少強引なくらいが丁度いいです!

 

それでは見ていきましょう。

 

 

▼GDで高評価を得るヒント


・ 先にリーダー(何でもいい!)を名乗り出て、作業の方針、司会を仕切ってしまう

・ 相手の意見を先ずは肯定し、その上で自分の考えを述べる

・ 役割分担がしっかりしたグループとする

・ 全員参加している(万遍なく意見を交わしている)

 

 

私が推奨するのは先手必勝でリーダー、他!を担当してしまおう、というものです。こうして、宣言した担当の役割を全うできれば取り敢えず及第点は貰えるでしょう。

 

ただし、下記のようにあまりにオレがオレがとガツガツ進行してしまうのはマイナスポイントですので注意してください。

 

また、リーダーの座を誰かに先を越された場合は、リーダーの補佐役に転じたり、タイムキーパー、司会進行等その他のポジションを2番手で名乗り出ておきましょう。

 

待っていて与えられるのは自発性が無いと評価されてしまう可能性がある為です。

 

 

また、テーマについての結論の出し方のポイントは、

「(社会の利益>)会社の利益 > 個人の利益 」となるようにすることです。

 

例えば、議題が会社内の各部署が集まり、各部署の予算配分を決める、という場合、自分の所属する部署の予算をどれだけ多く勝ち取るか、よりも会社全体で見て、どのように分配すれば最大の効果が出るかを考えることがポイントとなります。

 

 

以下に、GD時の注意点を書いておきます。

 

▼やっては行けない事

・ 相手の意見を頭ごなしに否定する
・ 喋り過ぎる
・ 時間内に結論が出ない
・ 全員の沈黙状態が続く

 

いかがでしょうか?

もし複数グループがある場合、別のグループを見てみてください。

 

雰囲気に活気はありますか?

リーダーが誰だか分かりますか?

自分のグループと比べて作業の進捗状況はどうですか?

 

客観的に見て良いグループとする為に自分がすべき役割を考えてみてください。
 
 
 
以上、グループディスカッションの攻略法でした。
 

広告